誰を信用するかは難しい

誰を信用するかは難しい

誰を信用するかは難しい

シャンプー解析の情報に限らず、シャンプーやトリートメントなどのヘアケア製品に関する情報は、近年ではあふれかえっています。ですからそのなにを信用したら良いのか、という判断はますます難しくなっています。だからみんなシャンプー解析の様な良し悪しを判断してくれる情報に飛びついてしまったり、ランキングの上位、と聞くと安心して使えるような気になってしまうんでしょうね。ですがでは「その解析をしている人は信用できるのか?という問題も実はあるんですね。その解析は正しい、という判断をする機関はないからです。そうなってくるともうお手上げで、結局のところ何が正しいの?という事になるでしょう。実際「シリコンは良くない。ノンシリコンのヘアケア製品を選ぶべきだ」という話が一時期ありましたが、それもただのブームのごとく、去ってしまいました。流行った当時は「いや、そんな事は事は無い!」という意見も多く聞かれたものです。結局どのシャンプーが良いのか、という事は一概には言えないものなのでしょう。しいて言えば自分の髪に合うか合わないか、という事になるのかもしれません。ただ言えるのは傷ついてしまった髪の毛は何をしても元には戻らないものです。どんなシャンプーを使ってもトリートメントしても、それはその傷を隠している事にしかならないのです。アシスタントの人にとって美容師としてお客様の前にデビューする最終難関はカットモデル探しだ、と言っても良いのではないでしょうか。その美容室によって設定は違う様ですが100人以上の人をスカウトしてカットさせてもらう、というのが平均的な様ですね。100人の人のカットをやれ、と言われるのはある意味簡単ですが、100人のカットモデルを探せ、と言われるのはとても大変な事です。初対面の人にでも簡単に声をかける事が出来る性格の人ならまた大丈夫かもしれませんが、もともと自分から声をかけるのは苦手、と思ってい理うようなアシスタントでは、カットの練習そのものよりもカットモデル探しの方が苦痛でならない、という事もあるかもしれません。ですが実際には「カットモデルってやってみたい」と内心思っている人も多いんですね。特に女子大生などは、できるだけ美容室にかける料金は抑えたい、と思っているに違いありませんから、無料または格安でヘアスタイルを作ってもらう、というのはかなり魅力的な話だ、と思っている人もいるんですね。そういう人に上手く声をかける事が出来るかどうか、というのはアシスタントにとっては問題です。ですがいかにも「カットモデルに誘ってほしい」という態度をしている様な女性もいる、と言われています。青山 美容院

 

SK-II
http://www.sk-ii.jp/ja/

ホーム RSS購読 サイトマップ