肌荒れの主な原因について

肌荒れの主な原因について

肌荒れの主な原因について

肌荒れに悩まされている人も多いと思いますが、なぜ肌荒れになるのでしょうか。肌荒れとは吹き出物やかゆみ、赤み等のトラブルが起きた状態のことで、基本的に肌の水分量によって引き起こされています。肌は水分を保てるようにコラーゲンやヒアルロン酸によって作られ、保水力を維持しています。しかし様々な原因で肌の水分が失われていくと肌荒れのトラブルが起こるようになります。肌から水分が失われてしまう理由の一つは皮脂の量です。皮脂は肌の水分が蒸発してしまわないように肌のバリアとして機能しています。年齢とともに分泌量が低下していくため、年をとると肌からは水分が蒸発しやすくなっていきます。冬のような寒い季節になると肌の皮脂分泌量は低下するため乾燥等の悩みからトラブルが起こることもあります。皮脂の分泌を促してあげるためには運動をして代謝を上げてあげることが大事になります。肌の水分を保つ働きのあるコラーゲンもまた年齢とともに減少していきます。コラーゲンは減少すると回復するまでに時間がかかり、その間にも減少していくため完全に元通りになることは難しいという問題があります。コラーゲンの減少は紫外線などによる肌の酸化が原因となることが多いため、紫外線対策をしっかりと行い肌の酸化を防ぐようにするといいでしょう。皮脂の分泌量低下とコラーゲンの減少を防げるようになるだけでも肌荒れの悩みは大きく減っていき若々しい状態を保てるようになります。睡眠って体と精神の休息に必要なものです。ストレス負担の軽減や、体の疲れを取るために睡眠を取る人は多いですが、休息を必要としているのは肌も同じです。日中の肌は紫外線を浴びている状態ですし、メイクをしていることで呼吸も満足にできていません。大気中のホコリを浴びながら、様々な刺激に耐え続けています。昼間に受けた肌のダメージを回復させるためにも睡眠というのは重要になってきます。昼間に受けたダメージで低下した免疫力を睡眠で回復させてあげるようにしましょう。肌の回復に必要な睡眠と言うのは、快適に眠ることが出来るかどうかです。人間の肌は寝始めの時に深い眠りに入ることが出来ると新陳代謝も活発に行なわれて肌の状態もよくなると言われています。寝付きの悪い人や、浅い眠りを続けてしまう人はそれだけ肌の回復も行なわれなくなるということになります。快適な睡眠に入るためにはストレスを抱えたままにしないことや飲酒を控えることがあります。ストレスは睡眠によって解消されますが、ストレスの解消のために睡眠時間を割いてしまうとそれだけ新陳代謝が行なわれなくなるということになります。飲酒は一見すると快適な睡眠に繋がりそうな気もしますが、実際には浅い眠りになってしまいます。それだけでなく中途半端に寝て頭が覚醒してしまい途中で起きて眠れなくなってしまいます。睡眠時間を削ることに繋がるため寝る前の飲酒は出来るだけ避けるようにしてください。清澄白河 美容院

ホーム RSS購読 サイトマップ