肌断食は気長に続けて行くようにしよう

肌断食は気長に続けて行くようにしよう

肌断食は気長に続けて行くようにしよう

肌断食は肌に化粧品等を一切使わないことで肌の状態を良くする美容法ですが、何もしないという事はケアをしないということで、肌への手抜きということにもなります。肌断食と肌ケアの手抜きは違いがあるため、断食ではなく手抜きにならないようにしましょう。肌断食で重要な事は続けて行くということです。気まぐれに断食を行い、気まぐれにケアをするというのは手抜きと変わりありません。肌断食を行うときには肌の状態が改善する結果が出るまで続けて行くようにしましょう。肌はターンオーバーによって常に新しい細胞が作られています。そのサイクルは20代の人で28日平均となっていて、28日経った肌は完全に新しく生まれ変わった状態になります。肌断食の効果が出るのもターンオーバーのサイクルと同じくらいかかるということを覚えておきましょう。1週間続けてみたけど何も良くなっていないと言う人もいるかもしれませんが、肌断食を行なっていなかった時の肌細胞がまだ残っている状態なら1週間で効果を感じられなくても仕方ないわけです。約1ヶ月は肌断食の効果が現れるかどうかを見守る必要があります。しっかりと続けて行くことで効果が出てくるため、中途半端にやめて肌ケアの手抜きにならないようにしましょう。若い人程肌への変化が表れやすいものです。30代、40代から肌断食を始めた人は気長に続けていきその効果が現れるかどうかを見極めていくようにする事が肌断食をするときの心構えとなります。普段から履いている靴のサイズを意識している人はあまりいないかもしれません。しかし靴のサイズがあっていない状態で生活をしていると下半身太りになってしまう可能性があります。靴のサイズが合わないと普段から浮き指状態での生活になってしまいます。浮き指とは地面に足の指が付いていない状態のことで、体の重心がかかとに乗っている状態になります。この状態が続くと骨格のバランスが悪くなっていき下半身太りへとつながっていってしまいます。女性に下半身太りが多くなる理由は靴のサイズが合っていなかったり、ハイヒールやミュールを履く機会が多いことが原因になったりしています。足の親指が足の甲に向かって90度以上曲がる状態やかかとが固くなっているなんて人は浮き指の状態で生活をしているかも知れません。下半身太りだけでなく腰痛にもつながっていき健康にも大きな悪影響が出てしまうこともあります。浮き指は普段から意識していないと自覚することが難しいため、気が付かないまま過ごしてしまい結果下半身太りになってしまうということが多いので、自分が浮き指かどうかをチェックしてみるといいでしょう。そして普段から履く靴のサイズを意識し、ヒールやミュールを履く機会の多い人は日常生活では出来るだけ履かないようにする生活を送って行ってみると下半身太りが自然と解消されるようになります。むくみや冷え症の改善、外反母趾の防止にも繋がるので靴のサイズを意識してみるといいですよ。八潮 美容室

ホーム RSS購読 サイトマップ