交感神経優位な生活を改めよう

交感神経優位な生活を改めよう

交感神経優位な生活を改めよう

自律神経の乱れは太りやすい体質を作ってしまいます。現代社会での自律神経の乱れというのは交感神経が優位になった状態のことです。副交感神経の働きを優位にし身体をリラックスさせるためには意識的にリラックス出来る時間を作ってあげる必要があります。日常の生活のなかで、交感神経の優位になっている主な時間としては、仕事をしている時間、テレビを見ている時間、何か活動を行なっている時間と多分寝ている以外のほとんどの時間で交感神経が優位になっています。この状態を続けていると副交感神経の働きは鈍くなっていき、リラックスしたくてもリラックス出来ないといった状態になってしまいます。リラックスする時間を作るためには意識して生活を送っていく必要があります。副交感神経が優位になる時間としては入浴中と睡眠です。睡眠時間が短くなるとそれだけ副交感神経が優位となっている時間が減ってしまい自律神経の働きが交感神経に偏ってしまいます。自律神経の働きを整えるための基本的なことは睡眠時間をしっかりと確保していくということになります。1日8時間寝ることが出来れば理想的ですが、8時間寝る事が出来ないといった人は入浴時間を長めにとり、テレビも見ないで何もしない時間を意識して作っていくといいいでしょう。自律神経の乱れはその日の内に整えていくことが大事になります。自律神経の整った生活を送っていけば自然と痩せやすい体質が作られていき、ダイエットも成功しやすくなりますよ。ダイエット効果の高い入浴方法と言うものがあります。一度の入浴で300キロカロリー近く消費出来ると言うから普通に運動をして消費するよりも効果が高いかもしれません。普通の入浴で消費できるカロリーは50キロカロリー位で100キロカロリー消費できればかなりの効果になります。カロリーを消費できる入浴方法とは、42度程度の高温のお風呂に出入りを繰り返す反復入浴法です。一回で入るお風呂の時間としては5分程度が目安になります。まずは5分間体をしっかりと温めるように肩まで浸かります。そして5分経ったら一度お風呂から出て5分間の休憩を作ります。ただ体を休めるだけでもいいですが、その間に体を洗っておくと効率的です。そして5分の休憩を挟んだらまた5分間の入浴を行います。5分入ったらまた5分の休憩を挟み、最後にもう一度お風呂に入ります。最後は3分程度でもいいので体をしっかりと温めてから上がるようにしましょう。これだけでかなりのカロリーを消費する事が出来るようになります。体からはかなりの水分が失われることになるため入浴前と入浴後には必ず水分を補給するようにしてください。目安としては500ミリリットル程度の水分を補給するようにするといいでしょう。全部の工程を含めても30分程度になるためそれ程時間がかからずにカロリー消費出来るため効率的なダイエットになるはずです。お風呂に入っている間にお風呂のお湯が冷めてしまうこともあるかもしれませんのでしっかりと温めておくようにするといいですよ。八王子 美容室

ホーム RSS購読 サイトマップ