暑い季節でも快適に眠る方法

暑い季節でも快適に眠る方法

暑い季節でも快適に眠る方法

美容にとって重要なことは快適な睡眠です。でも夏って快適な睡眠からはほど遠い季節かもしれません。寝苦しくてなかなか睡眠につけないという人も多いのではないでしょうか。美容のことを考えているけどなかなか寝付くことができないと悩んでいる人は寝るタイミングを考えてみるといいかもしれません。人間も睡眠と体温というのは深い関係があります。人間の体は冷えてくると眠くなるようにできています。体の体温が下がったタイミングは快適な睡眠のタイミングになるのですが、夏のような暑い季節になるとなかなか体温が下がってくれません。体温が下がらないために寝ようと思っても寝ることができないという状態になってしまいます。そんな時にはまず体をしっかりと温めるようにしましょう。お風呂に入るときに40程度のお風呂にゆっくりと浸かって体を温めてあげます。そしてお風呂から出てからは体を動かさずに体温が下がるのを待ちます。人間の体は短時間で体温が下がると眠くなるようにできているため、体を動かさずに2時間も待っていると自然と寝ることができるようになります。こうすると暑い季節でも快適な睡眠をとることができるようになり美容にもいい生活を送れるようになるのです。もしも快適な睡眠がとれないといったときには寝る前に動きすぎている、体の体温が下がらないといったことが原因かもしれません。あえて体を温めて体温が下がる状況を作ってあげると気持ちよく眠ることができますよ。夏と冬はどちらも肌にとって厳しい季節となります。しかしどちらかというと冬のほうが肌には嫌われている印象で、冬の肌ケアには力を入れているというひとでも夏のケアにはそこまでの力を入れていないという人は多いようです。夏と冬ではどちらの季節が肌に悪いかを比べることは難しいのですが、肌が老化しやすいのは夏といわれています。そのため夏のケアで手抜きをしてしまうと冬以上に肌の衰えを実感する結果になってしまうかもしれません。夏が肌の老化を促進させてしまうのは紫外線や湿度、気温、冷房などの影響からです。紫外線は肌の内部に入り込みシミを作る原因になります。それだけでなく肌の内部で活性酸素を発生させて、その活性酸素はコラーゲンを破壊してしまいます。一度壊されたコラーゲンは修復までに時間がかかりその積み重ねが老化を進行させてしまうことになります。湿度や温度の高さは皮脂の過剰分泌を招きます。皮脂が過剰に分泌されるとにニキビや毛穴の開きにつながっていきます。冷房を使うことが多くなると肌は乾燥しやすくなり、冬と同じように乾燥対策をしないといけなくなります。室内と室外の温度差は自律神経を乱してしまい肌にはストレスがかかることになります。代謝が悪くなりターンオーバーが乱れやすくなることも夏の特徴といえるでしょう。夏には肌に悪影響を与える要素がたくさんあるため、一つ一つに対して対策を行っていかないと冬までダメージが残ってしまう可能性もありますよ。志木 美容院

ホーム RSS購読 サイトマップ