ナチュラルメイクはチークが決め手!?アイメイクなしでも手抜き感0にしてくれるチークの活用術とは

ナチュラルメイクはチークが決め手!?アイメイクなしでも手抜き感0にしてくれるチークの活用術とは

ナチュラルメイクはチークが決め手!?アイメイクなしでも手抜き感0にしてくれるチークの活用術とは

チークを綺麗に入れている女性をみると、「綺麗だな〜」、「可愛いなぁ」と思いますよね。
女性はチークをするのとしないのとでは、印象が断然違ってきます。
しかし、チークの入れ方は簡単そうで意外と難しい。
ポイントを抑えていなければ不自然になってしまうことも…。
そんなチークですが、ナチュラルメイクにもよく馴染みます。
目元の印象が弱くても、チークを入れることによって、全体的にハツラツと、華やかな印象になれます。

 

それでは、チークに重きを置いたナチュラルメイクの作り方は、どのようにすればいいのでしょうか?

 

○ナチュラルメイクってどんなメイク?

 

まずは、ナチュラルメイクとはどのようなことをいっているのかについて、知ってみましょう。

 

ナチュラルメイクは、その名の通り自然なメイクのことですが、スッピンという意味ではありません。
ベースメイクは薄めでも、きちんと丁寧に欠点を隠していきます。

 

肌トラブルがあると、つい全体的に厚塗りしたくなってしまいますが、厚塗りすると透明感がなくなってしまいます。透明感を出すには薄塗りが基本。
血色を良くするために、チークやリップも入れます。
これだけのパーツをメイクしたら、目元は何もしないでも十分きちんと感が出せるでしょう。

 

○チークを自然に見せる方法

 

チークはいかに自然に入れているかというのも大事です。
付け過ぎてしまうと、おてもやんのように見えてしまい、頬だけ浮いて強い印象になってしまいます。元気に見せたい場合はいいのですが、上品な印象からは遠ざかってしまいます。
大人女子ならあくまで自然に仕上げるべきでしょう。それには色みも大事。明るく見せたいですが、明るすぎるのも不自然なので、一番自然に見えるサーモンピンクを選びましょう。

 

チークの入れ方もごく自然に入れるようにします。

 

いかにもチークをつけたという感じではなく、中から自然と血色がわきおこっているかのように、自然に見せます。

 

 

これだけでも、アイメイクなしでもメイクをきちんと丁寧にしている感じが出て、美しく見えます。

 

チークをつけると、可愛らしさや美しさが引き立ちます。
少しでも魅力的に見せたいのであれば、メイクでチークは必須です。
今までチークを入れていなかった女性が、ある日突然チークを入れただけでも雰囲気は大きく変わるでしょう。

 

といっても、チークを選ぶ時に何を基準にしたらいいのかわからない!といった女子も多いはず。せっかく可愛く見せてくれるチークなのに、自分の肌色と会わないちぐはぐなものを選んでしまったら、メイクの仕上がりがおかしなことになってしまうことも…。
それでは、チークはどのように選んだらいいのでしょうか?

 

○チークの基本の選び方は肌の色が基準と言われていますが…

 

今までチークを使ってこなかった人は、チークを入れるだけでも女子力アップになり、ちょっとしたイメチェンになります。

 

基本的には、自分の肌の色と自然に馴染むようなチークカラーが正しく、顔がパっと明るく見せてくれるようなものを選びます。

 

自分の地肌の色に合わせてチークを選ぶのが基本ですが、最近は髪を染める人も多く、髪の色、また瞳の色によっても若干異なってくるため、一概に肌の色だけに馴染むチークとが合うとは限りません。

 

○チークがもたらす効果

 

・女性らしい雰囲気
・血色をよく見せてくれる
・小顔にしてくれる
・柔らかい雰囲気

 

○チークを入れる時のワンポイントアドバイス

 

チークを入れる時は、笑顔になりながらつけることが大切!
笑った時に一番高くなる頬骨の位置にポンとつけましょう。

 

平井 ヘアサロン 転職 求人

ホーム RSS購読 サイトマップ