お金が足りるか気になる

お金が足りるか気になる

お金が足りるか気になる

美容室によっては、カウンセリングでどんな施術をするか、という事が決まってもその時には今日はどれぐらいの料金がかかる、という事を教えてくれない所も有ります。そもそもカットはいくら、パーマはいくら、という感じになっていますから、自分で計算すればよいのですが、カウンセリング時に自分が思っていた以上の施術をする事を勧められてしまって、断り辛くて、美容師さんの言う通りに施術を増やしてしまった、という時には、自分でもちょっとしたパニックになってしまって「いくらかかるのかわからない」という状況に落ち居てしまう事もありますよね。何度も美容師さんに料金を確認したりするのも悪い気がしますし、そもそもそういう事をするのはとてもカッコ悪いような気がして、結局施術の間中、手持ちのお金で今日の料金が支払えるだろうか、という事がずっと気になってしまった、という人もいるかもしれません。本当なら自分の今日の予算、というのをきちんと伝えればよいのですが、なんとなくケチっているように思われるのも嫌だし、美容師さんはせっかく自分をキレイにしてくれようとしているのに、と思うと、断る事が出来なかった、という人は多いものです。それが美容室側の狙いだ、という事も有りますが、本当は美容師さんだって、高額な施術をする時には誰だってお金の問題で躊躇してしまう事も知っているはずなんですけどもね。雇われていた時代に人気を得た美容師が、その人気を武器に独立してみても、美容室の経営はそんなに甘くないのが現実だったのでしょう。おしゃれな外観、おしゃれな内装を準備したところで、なかなかお客さんはリピートしてくれないのが現状でしょう。なにせそこは激戦だからです。本当に実力があり経営力のある美容室だけが生き残っていけるものではないでしょうか。リピーターが付かない美容室がとる作戦の一つが「初回限定クーポン」です。最近やたらとみかけるこのクーポンは、美容室が繁盛しているから発行されるものではなくて、実は上手くいかない美容室の苦肉の策だと言っても良いでしょう。初回のお客さんを呼び込もうとするのは、リピーターが少ないからにほかなりません。もしも顧客がついていたならば、本来は新たなお客さんを呼び込んでいるような余裕はないはずなんですね。初めてのお客さんに何としても来てもらおう、という試みがこの初回限定クーポンです。もっともこのクーポンの狙いは本当は、割引してでも来てもらったお客さんに次回も来てもらう事、なんですよね。ですがもしも実力が伴わない美容室であれば、お客さんは「安く済ませる事が出来てラッキー」というだけで終わってしまいます。そうやって段々と追い込まれていく美容室が激戦区にはとても多いようです。三軒茶屋 美容室

ホーム RSS購読 サイトマップ