労働基準法による休憩時間

労働基準法による休憩時間

労働基準法による休憩時間

美容師の皆さんだけではありませんが、働く人のために定められている法律が「労働基準法」なのですが、その法律によると休憩時間と言うのは、何時間連続して働くか、という事によって最低限とるべき休憩時間が定められている様なんですね。それは「一日6時間以上働くのであれば、45分以上の休憩を与える」というものであり更に「一日8時間以上働くのであれば60分の休憩を与える」と言う事が定められています。多くの美容師の人たちは少なくとも美容室が開いている時間内は労働時間となっていますから、例えば10時から7時まで美容室を営業しているのであれば、その間には必ず60分の休憩をスタッフに与えなくてはいけない、という事になりますね。ですがここで問題になるのが実際の美容師の働き方なんですね。みなさんも恐らく気付いているとは思いますが、多くの美容師の皆さんは「いつ休憩しているの?」と思うほど、昼時になっても忙しそうに働いている人が殆どです。少しの間姿を見ないから「休憩かな?」と思っても、施術中にまたすぐに戻って来られるので、とても60分も休憩して来たとは思えない人が殆どです。つまりそのような法律があったとしても、実際には60分も休憩が取れる美容師と言うのは少ない様なんですね。美容師の皆さんの仕事は、大変厳しいものだ、というのは良く聞く話ですが、具体的にどのような事が厳しいのか、というと仕事のための拘束時間が長い、という事が特にあげられる様です。これはお店を開けている時間を考えたらそうでもないじゃないか、と外から見た人は思うのかもしれませんが、実は美容師と言うのは店が閉まってから、または開店前、休日にも仕事に関する事で時間を拘束されることが多いんですね。そしてあまりに労働時間が長いので、よく経営者側と美容師の間で問題になってしまうケースがあるようです。その時に雇われている美容師がよくビヨウシツを訴えるのが「休憩時間」に関する事だと言われています。当然休憩時間が長いのであればさほど問題にはならないかもしれませんが、休憩時間があまりにも短い、もしくはほとんどない、といったような状況が発生するので、多くの美容師たちは「これって法律にひっかかるのではないか?」とまで思ってしまう様なんですね。美容師になって初めて、こんな働き方で問題は無いのか?と疑問を感じて労働基準法を勉強してみた、という美容師もいるようです。美容師にとって労働基準法の内容を知っているかどうか、という事は自分を守るために必要な知識となり得るかもしれません。菊川 美容院

ホーム RSS購読 サイトマップ