トリートメントの持続性

トリートメントの持続性

トリートメントの持続性

美容室でトリートメントをしてもらうと確かにその時は大満足するような髪質になると思います。ですがその効果の持続性はどうでしょうか?その満足な気持ちがどれぐらいの日数続いたか、というと一か月も二か月も効果を感じた、という人はほとんどいません。なぜかというと、そもそもトリートメントというのは髪の修復をする、といってもそれは表面の問題なんですね。言ってしまえば傷んでいる髪の表面を覆い隠してツヤを出したり手触りを滑らかにする、と言うだけのことなんですね。そうなるとトリートメント剤が落ちてしまうと、もとのダメージヘアがまたむき出しになる訳ですから、もうトリートメント効果は終わり、という事になる訳です。トリートメント、とは要するにコーティングと呼ぶべきものでキューティクルの表面がコーティングされるからいかにもキレイになったように思うだけで、実際の髪の毛がきれいに修復されたわけではありません。最近では「内部から修復する」と言われているヘアケア剤もあります。実際に美容室でもそのような説明を受けてトリートメントを勧められるケースも多いでしょう。それでもその効果の持続性が数か月も伸びる訳ではありません。せいぜい一度のトリートメントで一週間ではないでしょうか。そのために一度のトリートメントが3000円〜5000円、というのは高いと感じる人が多いのではないでしょうか。アシスタントがカットモデルでノルマの人数分カットをこなしていくのは、もちろんアシスタント本人の成長の為でもあるのですが、実はその陰でもう一つの使命を持っている、と言っても良いでしょう。それは何かというと「そのカットモデルを必ず将来の常連さんにする」と言う事です。最初のうちはカットの技術も未熟でしょうから、なかなか良い印象を持ってもらうのは難しいかもしれません。ですがさすがに最後の事になると腕も上がっているはずですからカットモデルになった人たちには「無料でしてもらったのに期待以上の仕上がりだった!」と喜んでもらえるぐらいにならなくてはいけません。そしてそこに留まらず、そのカットモデルさんに「この人がデビューしたら指名して切ってもらいたい!」と思ってもらえるぐらいにならなくてはいけません。そういう成功を重ねて実際にデビューした時にはすでに指名をしてくれる人を確保できている、というのは素晴らしい事です。それは自分自身にとって大きな自信になるだけではなく、アシスタント全員がそのように思ってもらえたら、美容室自体の売り上げにも大きく貢献する事ができます。カットモデルを探してカットをさせてもらう、というのはただの練習ではなくお店の将来を見据えた練習だとも言えますね。東伏見 美容院

ホーム RSS購読 サイトマップ